わたしの、ものさし

私の見たこと、聴いたこと、感じたこと、を書いています

book&movie

貝原益軒の「養生訓」は、現代でも通用する健康指南書

日本史の教科書に登場する貝原益軒の「養生訓」を、ふとしたきっかけで読んでみようと思いたち、図書館で借りた。 すらすら読める養生訓 作者: 立川昭二 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2005/01/13 メディア: 単行本 クリック: 2回 この商品を含むブログ (…

ドラマ「カルテット」が面白い。

ドラマ「カルテット」が面白い。 たまたま「マツコの知らない世界」を見ていて終了し、CM無しで、いきなりこのドラマが始まり強制的に見てしまった第一話。 そのドラマの世界観に弾き込まれてしまった。 松たか子、満島ひかり、高橋一生、松田龍平が共演し、…

バーニー・サンダースのスピーチ

アメリカ大統領選挙は、ヒラリーとトランプに絞られた。私はバーニー・サンダースに期待していた。 外国、特にアメリカの政治家は、しばしば人の情感や心に訴えかける演説をする。日本ではあまり見られない光景で、羨ましく思う。スピーチ(演説)は大事で、…

映画「X-ミッション」

映画『X-ミッション』特別映像 映画「Xミッション」をDVDで観た。映画サイトのプレビューの評判は悪いが、私はこの映画好きです。 映画に出てくる「オザキ8」(「フォースの噴出」、「空の誕生」、「大地の覚醒」、「荒れ狂う水」、「風の躍動」、「氷…

台風の夜に、人身事故で電車が止まるって

台風が接近中だし、さっさと帰ろうと思いきや、人身事故で電車が運転見合わせ。台風の影響ではなく、人身事故で電車が止まるか。腹が立つ。 別路線の同僚たちはさっさと帰宅し、私はやむなく会社で待機している。 人身事故とはおそらく自殺だろうか。死にた…

「時をかける少女」で不覚にも涙。

子どもと一緒にドラマ「時をかける少女」を観ていました。 うだうだ書くのもアレなので、結論から言えば、最終話で私は泣きましたね。もう、あの手の話って弱いです。(一人で録画を観ました) お好み焼き屋の主人(高橋克実)のこと、翔平の母役(高畑淳子…

The Last Ship

ブルーレイ&DVD『ザ・ラストシップ<ファースト・シーズン>』トレーラー 2016年2月10日 アメリカのTVドラマ「The Last Ship(ザ・ラスト・シップ)」が面白い。 最近、ゾンビ、パンデミック、宇宙の3系統のよくあるうちのパンデミックものですが、駆逐艦(…

マンガを読まないのは、どれを読んだら良いのか分からないから。

どっちかといえばテレビ好きで、ぐずぐずと見てしまうため、その分、テレビを見ないように心がけている。 大河ドラマのほか、2016年の春シーズンは「トットてれび」(NHK)と「重版出来」(TBS)の2本。 この「重版出来」は、コミック雑誌の編集者と…

映画「ミケランジェロ・プロジェクト」 戦争の裏での、人類の財産を守る戦い

予告を映画館で観たときから気になっていた「ミケランジェロ・プロジェクト」をDVDで鑑賞した。 美術品を取り戻すべく立ち上がった男たちの物語!映画『ミケランジェロ・プロジェクト』予告編 この映画は実話に基づいている。 第二次世界大戦時、ドイツの…

『嫌われる勇気』 実践して初めて「読んだ」といえる

「嫌われる勇気」がベストセラーになったが実践した人はどのくらいいるのだろう。この手の本は、一部でも実践してみて初めてその本を「読んだ」ことになると思います。 嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え 作者: 岸見一郎,古賀史健 出版社/メ…

『ツバキ文具店』 きっと手紙が書きたくなる。しかも、便箋や文房具にこだわって。

先日、小川糸・著の「ツバキ文具店」を読み終えた。面白い。 小説の舞台が鎌倉というのがいいし「代書屋」という耳慣れない仕事をめぐるストーリー展開もいい。血が流れず、テロリストが登場しない、このような小説は、しみじみと落ち着いて読める。古都鎌倉…