読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしの、ものさし

私の見たこと、聴いたこと、感じたこと、を書いています

【日々の100】#3 リゾルト710

 本格的にジーンズを穿きだしたのは高校時代から。ジーンズが好きだが、薀蓄を語れるほどではない。だが、いろいろなジーンズを穿いては手放すを繰り返し、今現在、愛用しているのが「リゾルト710」。

 ジーンズの魅力は、ユーザーごとにいろいろあるが、私が大事にしている点は、

 ①自分の体にあったシルエットで、ジャストサイズであること。

 ②シルエットが美しいこと。

 この2点。これがジーンズの魅力を最大限に引き出すものと考えている。

 これをクリアしているのがリゾルト710である。

 

 リゾルトのコンセプト

www.resolute.jp

国産デニム業界で20年以上デザイナーを務め、その黎明期からデニムファンに支持されてきた林 芳亨(はやし よしゆき)が新たに立ち上げたブランドが RESOLUTE(リゾルト)です。RESOLUTEはメイド・イン・ジャパンにこだわり、織布から染め、縫製、仕上げまでの全生産工程が西日本の中国地方、備後地区の熟練のデニム 職人たちの手によって行われます。 昔ながらの染色方法、旧式織機で織られたオリジナルの生地の最大の特徴は、手に取るようにわかる毛羽立ち。この毛羽立ちこそが味のある色落ちに不可欠な要素なのです。

~(略)~

RESOLUTEのデニムが穿き手にあわせて「仕上がって」いくには、少なくとも1年は穿き続けなければなりません。ですが、「最初はもっさいパンツやけど、穿きこんだらええ色にな る」というデザイナー林の言葉通り、あえて加工を施さないベーシックなデニムだからこそ、穿きこむことで身体に馴染んでいき、そこから生まれる色落ちが唯 一無二の「加工」となっていくのです。RESOLUTEが目指すのは、トップスとシューズを選ばない、どんなコーディネートにも合わせることができる、い わば「道具」としてのデニム。

  ------------------------------------------------------

 

リゾルトの注目すべき特徴

 他のジーンズと決定的に違うこと。それは、定番の710はウエストサイズに対するレングス展開がきめ細かいこと。これでシルエットを崩さず、ジャストサイズを見つけることができる。

 以下、リゾルトのサイトより引用するサイズ表。

f:id:michaelx:20160520171840j:plain

 最初見たとき、バスの時刻表かと思いました(笑)

 サイズはインチ表示。ウエストサイズごとの、このレングスの展開ぶり。

 

 普通、ジーンズを買うと、結構な長さを裾上げで詰める。これでシルエットが崩れてしまう。裾まで流れるようなテーパードラインが途中で切れてしまうのだ。それが今までのジーンズ。そういうものだと思っていた。

 しかしリゾルトが、この既成概念を打ち破ってくれた。ウエストとレングスが合うものを選択できるのだ。

 この結果、デザイナーが意図したシルエットで穿くことができる。

 さらにリゾルトの凄いところは、各レングスごとに型紙を起こしていること。これには手間と製造コストがかかる。それゆえ他のブランドはやっていない。

 また、リゾルトの凄みは、モデル数を4つだけにしていること。ふつうは商品の種類を増やしてしまうが、シンプルな商品展開で分かりやすい。

 

リゾルト710は「リーバイス66」がベース

 リゾルト710は、リーバイス501の66モデルをベースにし日本人向けにモディファイしている。このデザインが日本人の体型にフィットする。

 日本人は欧米人に比べて線が細い。欧米人ベースのパターンだとお尻やモモ周りが余ってだぶつく。結果、野暮ったい印象になってしまうのが従来のジーンズだった。

 細めのジーンズだが細すぎず、流行に左右されない。

f:id:michaelx:20160520173648j:plain

f:id:michaelx:20160520173655j:plain

 (デザイナーの林氏)

履き心地の良さ

 リゾルト710の履き心地が素晴らしい。デニムのオンスが軽めなのもあるが、デニムの質感が気持ち良い。レプリカ系全盛のころの影響がいまだにあって、ややヘビーオンス(厚手のデニム地)での濃淡ある派手な色落ちが好まれたりするが、リゾルトは昔のリーバイスのように自然なアイスブルーへと色落ちしていく。

 

 ジーンズの王道的な要素を抑えつつも、より今の日本人に合い、きれいにジーンズを履くために作られた710は定番となって、今後広く愛用されると予測します。