読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしの、ものさし

私の見たこと、聴いたこと、感じたこと、を書いています

電車遅延のときの時間の過ごし方 【王子稲荷参り】

 ここのところ朝の通勤時に、しばしば電車の人身事故が発生して往生する。車内もイライラの空気が充満するし、迷惑千万だ。

 今朝も京浜東北線が止まった。

 王子駅でしばらく運転見合わせ状態になる。再開までしばらく時間がかかる見込みだった。これは丁度良い、神社にお参りに行こうか、と思い立ち、駅から出て王子稲荷に向かった。

 どうせ電車が動かないのだ。出勤遅延行為ではない、時間の有効活用だ。

 駅周辺でスマホ眺めて時間をつぶしている人の多いこと。もっとほかの行動をとりたい。

 

 子稲荷は関八州やら東国の稲荷の総社との伝承があるが、さておき地元に愛されている稲荷で、桜井識子さんのブログでも紹介されている“お得な神社”らしい。王子の稲荷さんは江戸っ子気質のおおらかで優しく明るい神様だとか。そのエネルギーを間近で受けられるそうだ。(詳しくは桜井さんのブログを参照ください)

 王子稲荷は、通勤経路の途中下車で行けるので、頃合いを見てお参りしている。前のお参りから少し時間が経ったなというときだったので、今日の電車運転見合わせは、良いタイミングだった。しかも朝の清々しい時間帯にお参りが出来るのだ。

 

 神社内に幼稚園があって、子供たちの声がうるさい(笑)。

 でも、子供の声ってうるさいけど、無邪気なせいか不快ではない。

 神社は誰もいなくて、幸運にも独り占めできた。参拝して、拝殿に上り込んで、ぼーっとする。天井の装飾が美しい。

 

f:id:michaelx:20160526145349j:plain

 遅延電車の喧騒から離れて、社殿の中で深呼吸。全身を洗うつもりで、のんびり深呼吸を繰り返す。

 

f:id:michaelx:20160526145511j:plain

 

 の拝殿に行く。

 アジサイが咲き出していて、季節感を味わう。 

f:id:michaelx:20160526145633j:plain

 

 この鳥居をくぐって「お石様」のある社へ。そこがパワースポットらしい。

 祝詞をあげると、王子の稲荷さんがその社に来てくれるとか。もっとも私は何も感じないし、そのエネルギーも分からない。けど、そういうものだと思えば、プラシーボ効果でも効果はあるのだ。

 ということで、思い浮かぶいくつかの願い事を申し上げ、

 「王子の稲荷さん、よろしゅうお願いします!」

 明確で具体的なお願いごとがあれば、はっきりと神社でお願いするのが私の作法です。

 感謝だけ述べればいいとか、言わないでも分かってもらえると思うなんて品が良すぎるし、察してください的で、実は傲慢なんです。

 願い事は明確に説明してお願いします。

 

 とにかく、電車が止まったおかげで、人が少ない平日の朝にのんびりお参りできた。