わたしの、ものさし

私の見たこと、聴いたこと、感じたこと、を書いています

おじいちゃんの力

 周防大島町の2歳児行方不明事件でのボランティアのおじいちゃんの救出劇は痛快だった。歳をとっても、その経験とか知恵で活躍できることは、多くの人に勇気と活力を与えてくれたのではないだろうか。

 このおじいちゃんを見ていて、ふと若いころの登山での出来事を思い出した。

 20代後半のころの夏休みで、単独で八ヶ岳縦走に出かけた。確か、麦草峠あたりから入って黒百合ヒュッテに泊まり、翌日は天狗岳、硫黄岳、横岳、赤岳と八ヶ岳主要を縦走し、美濃戸口に降りるプランだった。

 黒百合ヒュッテを発ち、平日のためか登山者があまりおらず、静かな登山道を晴天の下、悠々と一人で歩いた。

 硫黄岳頂上に着いて、休んでいたときだった。ふと自分の履いている登山靴を見ると、ソールが半分くらい剥がれているのに気が付いた。びっくりしたというより呆然としてしまった。あり得ない。某登山用品店で買ったばかりの靴だった。登山でもっとも重要な道具は、靴である。これから八ヶ岳の核心部なのに、これでは縦走の続行は無理だ。それどころか、下山するにも危険ではないか。

 どうしようかと思案していたときに、近くにいた登山者が目にとめてくれた。その方は、60歳を過ぎたご年配のおじさんで、若いころから登山をやっているベテランの風情だった。

 「細引きでしばってソールを固定しよう」と私の手持ちの細引きを使って、上手にワラジを足に縛るような要領でしっかりソールと靴の甲を結んでくれた。細引き使いにも年季が入っているようだ。結びがしっかりと隙がなく、美しい。

 そのおじさんが眩しく、かっこよく見えた。長年の経験と知恵からくる自然な振る舞いが素晴らしい。その後、無事に下山でき、帰宅した。私もそうなりたいと憧れたが、しばらく登山をしていない。

 とにかく、こういうのが良い歳のとり方なんだろう。