わたしの、ものさし

私の見たこと、聴いたこと、感じたこと、を書いています

親子が無事でありますように

 連休中、新潟の五頭連邦に登山に行った親子が行方不明になり、5月5日から今日14日まで見つかっておらず、捜査が続いている。

 登山をかじり、また子どもがいる私としては、とても気になるニュースで行方不明の一報からずっとその進展を気にしている。

 この手の事故やニュースがあると、「なんで小さな子どもを連れて行くんだ」とか、「登山は自己責任だから税金の無駄使い(捜索など)はやめてしまえ」などの声を見聞きする。今回のニュースに対してもそのような声があるようだ。

 だけど、どうかそんなことは言わないで欲しい。

 

 私は、その新潟の山がどんなルートなのかは分からない。ニュース映像で見ると、残雪が残っているようなので、気軽なハイキングレベルではなさそうだ。また、その親子の登山におけるポテンシャルも分からない。親は熟練のクライマーで、その子どもが小さいころから一緒にこの程度の登山をしていたのかもしれないし、あるいは登山初心者で事前情報収集も準備もあまりしていない方かもしれない。

 背景はわからないが、ただ言えることは、5月の連休に、親子で登山をして有意義な時間を過ごそう。息子に自然の美しさを見せて、登山の楽しさを味あわせたいという純粋な想いがあったのだろうな、ということ。そしてその想い自体は、親として尊いものではないか。

 しかし結果的に遭難してしまった。

 私であれば、子どもに何かあっても自力で下山できるルートや対策を考えたうえで登る。(少なくとも子連れであれば、万一の事故があっても、周囲に救助を頼めるような、登山者が多い山やルートを選ぶ。)アレコレと今後同じようなことが起きないようにすることは大事。

 ただ、そういうアレコレは後回しだ。まずは親子が無事に見つかってほしい。

 

 行方不明になって、1週間が経つ。人は思った以上に強いので、まだ希望はある一方で、かなり厳しい時期に入ってきたとも思う。遭難場所によるが、標高500mとしても、朝晩はそこそこ冷え込む。大ケガがなければ、一番の脅威は低体温症だ。

 どうか、行方不明の親子が無事でありますように。

 登山は危険もあるが、良い経験になる。特に子どもたちには、登山の厳しさも含めて登山での自然体験をしてほしい。このことは、登山をした方の共通認識ではないだろうか。