わたしの、ものさし

私の見たこと、聴いたこと、感じたこと、を書いています

最期の言葉

小林麻央さんが亡くなった。

特にファンでもなかったので彼女に関心がなく、市川海老蔵の妻がガンなのか、同じく子を持つ親としては、小さな子がいる中で大変だろうし辛いだろうな、と思っていた。

おそらく自分がそういう状況になると、自分の身がどうのというよりは、子どもたちの行く末が心配だとか、少なくとも成人するまでは生きていたいという思いが大きいと想像する。

 

麻央さんの最期の言葉は、愛してる、だったとか。

 

悲しみに満ちた報道で世間的には若くして気の毒という感じになってしまうが、私に言わせれば、なんて幸せな人なのだろうと思う。

最期に、そう思える、言える人は、どれだけいるだろうか。

実際の心情は本人しかわからないが、不満でも後悔でも恐怖でもなく、すくなくとも言葉として愛に満ちた状態で亡くなるということは幸福だ。

たとえ100年生きたとしても、最期の心境が悪ければ、その人の人生は良いものとは言えない。