読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしの、ものさし

私の見たこと、聴いたこと、感じたこと、を書いています

原発は、やはり無いほうが良いと、いまさら実感する

 原発廃止の声をしばしば耳にする。実は私は、あまり原発の危機意識はなかったし、電力を確保するため、原発は仕方がないくらいにも思っていた。原発反対を叫ぶ人たちは、ナチュラリストや平和主義者くずれのうるさい人たちとさえ思うところもあった。

 しかし今、はっきりと原発はなくしたほうが良いという考えに至った。

 

原発がなくても電力は大丈夫

 現在、ほとんどの原発が停止しているが、生活ができ、経済活動も回っている事実。

 オーバースペックかつ不要な設備に、何億何兆円もの投資をするバカはいない。

 

・事故時のダメージが大きい

 広範囲なエリアに何十年という被害がでる。これは国土レベルのダメージ。電力供給的に不必要な原発ならば、そのリスクを取る意味がわからない。

 

 この2点に尽きる。

 原発ビジネスにかかわる大企業(三菱とか日立とか東芝とか)と国や自治体との利権は実際あるのだろう。そうでないと上のおかしな状態の説明がつかない。

 

 また今後の一番の懸念がある。北朝鮮のミサイルだ。

実は北朝鮮は日本を攻撃するのに核弾頭など必要ない。通常のミサイルを原発に当てれば済むのだから。もっといえば大陸間弾道弾すら不要だ。私が日本の敵国の軍参謀ならば、原発へのゲリラ攻撃をするだろう。宣戦布告と同時に奇襲する。コストがかからず、効果が大きい。

 

 先日、奥尻島沖200キロに北朝鮮のミサイルが着弾した。あと200キロ飛ばせば、北海道の原発に当たる。

 アメリカが開発した迎撃システムなど役に立たない。ミサイルは、北朝鮮から数分で到達する。数分の間にミサイルを捕捉し確実に撃ち落とすのは、良くて10発中せいぜい1,2発だろう。100%ではない。100%防御でないと失敗なのだ。

 ゆえに、まずは日本にある核兵器原発)をなくすことをした方がよい。

 国費のムダであること、存在が危険なこと。

これは普通の人たちの今のくらしに直結する話だ。渋谷でぶらぶらしている高校生も地方の村でのどかにくらしているおじいさんも、公園で子供と遊んでいる主婦も、すべてに関係する。そろそろ国民全員が危機を感じる時期かもしれない。