読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしの、ものさし

私の見たこと、聴いたこと、感じたこと、を書いています

参院選挙 (メール投稿テスト)

暑い中、参議院選挙の投票に行ってきました。空いてるだろうと思って。

新聞購読をやめて、テレビのニュースも見ないようにしていると、選挙の実感がわきません。ブログでもあまり選挙のことを書かれない傾向にあります。

 

でも、本当は政治とか政策のことを、普通の人がブログで書くような雰囲気が健全だろうし望ましいと思うのです。

たぶん今の日本は、政治に期待できず、無力感があって、結果、多くの人が無関心になっているのでしょうか。私もそんな感じですが、そういう国はイケてないないし、実はダサいと思うのです。

誰に投票したらよいか分からなければ、白票を入れるでも良いのではないかと思います。もっと普通の人が日常的に政治を語る、そんな国であって欲しいと思います。

 

政治は我々の暮らしに直結する身近なもので、そこを無視して、スポーツや芸能音楽、ファッション、グルメを語るのは、少なくとも投票権がある大人としては薄っぺらな感じがします。

 

政治や政策については、個人的に思うところはたくさんあるのですが、今回は、私は改憲を軸に投票しました。まだ改憲の議論は煮詰まっていないと思うので、護憲派に投票しました。

 

そもそも選挙の方法にも異論があります。

ITを使うのはまだ危険な気がしますが、技術の進歩とともに、いつかウエブでできる日が来るでしょう。投票所は全国どこででも投票できるべきだし、投票日を数日設けてもいい。他の選挙区の候補者に投票したいから、選挙区の在り方自体も改善の余地がありそうです。