読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしの、ものさし

私の見たこと、聴いたこと、感じたこと、を書いています

ポイントカードは「作らない、持たない、作らせない」の3原則

 基本的に、店のポイントカードは作らないことにしています。今、財布に入っているショップカードは「Tカード」くらいです。基本的にツタヤのカードとして保有しています。

(※そうはいってもTポイントはゲットしてます)

 

 ショップカードを作らない理由、それは、

  • 財布が膨らんでしまい、美しくない。
  • 会計時のやり取りが面倒で、カードを忘れたときの精神的ダメージも嫌だ。
  • 買い物においてポイントを気にしたくない。

 

 要するに、うるさいの一言かもしれません。

 買い物の意思決定権は常に自分にあって、ポイントカードに振り回されたくない、ということです。

 よくお店で「○○カードはお持ちですか」と会計のときに訊かれます。

「ないです」と答えると「作りましょうか?すぐに出来ますよ」とさらに訊かれる。個人的には、これほど不毛なやり取りはないのです。

(※そうはいってもTポイントはゲットしてます)

 

 日々使うスーパーのポイントカードを作って、お得に利用するのは良いのでしょう。それでもその店に縛られることになっているのだと思います。

 周知のとおり、そもそもポイントカードは長期的に店側が儲かるからこそ、わざわざポイントを付けているのです。ポイントをインセンティブにして消費(買い物)を促し、かつ個人情報を渡しているという図なのです。

 ゆえに、ポイントカードを可能な限り持たないことをお勧めしたいと思います。ポイントカードは「作らない、持たない、作らせない」の3原則。

(※そうはいっても、うっすらとTポイント付与を気にしてますけど)

 

(エントリー記載所要時間:10分)