読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしの、ものさし

私の見たこと、聴いたこと、感じたこと、を書いています

『嫌われる勇気』 実践して初めて「読んだ」といえる

 「嫌われる勇気」がベストセラーになったが実践した人はどのくらいいるのだろう。この手の本は、一部でも実践してみて初めてその本を「読んだ」ことになると思います。

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

 

 さて、この本に限らず「嫌なものはイヤだとし、他人の評価で生きない、自分軸で生きる、そうすることで楽になれるし、幸せになる」という内容の本はたくさんあります。

 

 個人的な結論から言えば、これは概ね正しい。

 実践してみてそう思います。もっともまだ短期的な状況であって、今後の長期的な状況は不明ですけど。

 

◆実践。「嫌な事」を「断る」。

 これだけ。

 いたってシンプルで簡単だけど、実際の場面に直面すると、そうではない。

 仕事での理不尽な依頼、プロジェクトの担当者決め、上司の誘い、プライベートで家族、親とのアレコレ。これらは嫌だなと思っても、断りづらいし、ふつうは断らない。

 なぜなら、

 

・できないヤツになってしまう

・職場の調和を乱すヤツとされる

・評価が下がり、出世できない

・付き合いが悪いと思われる

・常識がない、ひどいヤツと思われる

 

 つまり、嫌われることに対する「恐怖」があるから。

 あるいは世間とか常識に反するイケない自分になる「恐怖」があるから。

 

 で思うに、イヤなことを「我慢」してやって、それで得られる成功だとか報酬だとか、人間関係って、真の「成功」や「報酬」、「人間関係」では無い。

 それって、我慢や辛抱の見返りで、恐怖による動機の成果。

 それらの成功や報酬が大きければ大きいほど、むしろ不幸ではないかと思うのです。

 そうして成功などをした人は「自分はこうだったから、おまえもそうしろ」と後進に押し付けるんです。我慢の連鎖が続く…

 真の成功とか報酬って、幸福感に満たされるもの。やりたいこと、好きな事、楽しいことをする中で発生するもの、そう思います。

 

 いやいや、そんな世間は甘くないよ、自由気ままに皆が振舞ったら社会が成立しないじゃん!というつっこみがありそうだが、前述の信念のもと、とにかく嫌な事を断ると、どうなるのか実験してみた。

 もちろん、これには「覚悟だけ」が必要です。

 

 ・何かの損が出ても良い

   →得るものがあるなら、何かを失っても是とする

 ・嫌われてもいいし、世間的な評価が下がっても良い

   →周囲ではなく自分の思い優先させるのだから当たり前

 という。

 

◆で、思い切って拒否した。

 それなりに勇気は入りました。

 俺って冷たい人だな…とか、自分の中で色々な思いが湧き上がってくるわけです。自己嫌悪。自責の念。でもこれって、自作自演しているだけなんですけどね。別の言い方をすれば、「嫌われない努力」の思考の残骸。

 でも、思い切って「No!」と言えたこと、言った瞬間、すごい解放感がありましたね。すごーく楽というか、どう断ろうかとか、どう依頼に応えようかとか、今まで考えていたのってなんだったのだろうと。

 

◆嫌なことを「No!」とした結果、意外な展開に。

・案外すんなりと相手は受け入れてくれたのです。

 しかも次回からはダメなら断ってもいいから、ともいわれるし、無理矢理なお願いが少なくなってきた。自分が思うほど、相手は不快ではないのだと思います。

 ここで相手がどう思うかは考慮しなくていい。それは相手の受け取り方の問題であって、どうにかできるのはその人だけ。また、どうにかしようとすることは、他人の評価で生きることになるので、逆戻り。

 

・今の状態がすごく楽。

 自分を欺き、自分を殺してまでやるべきことって、ほとんど無いのだと思います。

 もしそう思うなら、責任感が強いというのもある一方で、傲慢でもあるんです。自分じゃないと対応できないという傲慢さ。

 でも、自分が我慢してまでやらなくても大丈夫。他の誰かが喜んでやってくれるように世の中は出来ている。そう実感しました。

・無神経は悪ではない

 いますよね、無神経な人って。ズバスバと進めてしまう。言い方が図々しい。他人に仕事を平気で任せてしまう・・・

 で、「この人は無神経だ!」って感じる時は、実は自分もそうありたいと願っていることの裏返し。だからムカッとくるんです。自分は我慢しているのに、アイツは簡単にぬけぬけとやりやがってと。(実は羨ましいのです)

 無神経な人って、周囲を気にしてないんです。周囲がどう感じようが、自分は平穏なんです。だから彼の人生は、彼なりに幸せなんです。彼なりであっても幸せであれば、それは幸せなんですよね。

 

 素直が一番です。自分に対して素直。いいと思います。